ギックリ腰は急に負担をかけたのが原因??

ぎっくり腰 名古屋 整体



こんばんは。

腰痛治療の専門家 院長 永濵です(^^)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。



最近、連日でギックリ腰のお客様が続いたので、今日のブログは「ギックリ腰」についてです。

まず初めに、ギックリ腰になられた多くの方が、

重たい物を持った瞬間に・・・

腰を捻った瞬間に・・・

痛めたと仰いますが、

本当にその一瞬、腰に負担がかかっただけで痛むのでしょうか?

ぎっくり腰 名古屋 整体



一つのきっかけになることは確かかと思いますが、もしそれが本当の原因なら、同じ運動や作業をしている人達は全員がなってもおかしくありませんよね?

故に急に腰に負担をかけたからと言ってギックリ腰になる訳ではありません。
(とてつもなく急で強い負担は除く)



そして、一般的に肉体労働の方のほうが腰痛になりやすいと考え勝ちですが、 姿勢や職業のせいで腰痛になる訳ではありません。

下記の職業別の腰痛グラフをご覧ください。

腰痛職業別

TMSジャパンより添付



実は、ギックリ腰は筋肉疲労の蓄積が原因で、それはあなたが予想もしていない意外な筋肉が原因なんです。

そして、誰も思わぬ筋肉の特性上の要因が関わっています。

ぎっくり腰 名古屋 整体



その意外な筋肉とは、何と!腹筋です!!

原因腹筋



その理由は、実は筋肉の機能は「縮む」だけで、自分では戻せず、反対側の筋肉にお願いして、やっと元へ戻る事が出来るのです。
その時まで反対側の筋肉は「無理矢理伸ばされている」状態でとても負担がかかっています。

そして「腹筋」は、四時六時中働き(縮む)ます。骨がない部分なので、その補強的な役目もあり、とても大きく我慢強いのが特徴です。

問題は「腹筋」が縮んだ時に伸ばされる側の腰回りの背筋で、そこは肋骨もなく、小さな筋肉群と靭帯や血管等の軟部組織のため負担がかかりやすく、普通は同一筋肉の対刺激時間は約15分なので、ここが真っ先に辛くなるのです。

つまり、毎日の継続の結果が腰痛になってしまい、その極致がギックリ腰と言われるものです。

前かがみ



痛むのは「腰側の小さな背筋」なのに、原因は「腹筋の働き過ぎ」と言うわけです。

故に、腰の駅みずほでは、腰だけの施術だけでなく、腹筋の施術を重要視しています。

他にも、前傾姿勢に関わる筋肉があり、そちらもしっかりケアいたしますので、どうぞご安心ください。

中々回復しない腰痛でお困りの方や、ギックリ腰の回復に時間がかかっている方は、「腹筋側」の施術をしていただける治療院や整体院に行かれてみてはいかがでしょうか?

もちろん、腰の駅は、特急回復です!





Simple is best

腰痛治療は腰の駅





名古屋市瑞穂区新瑞橋 ながはまマッサージ鍼灸治療院
腰の駅みずほ(腰の駅愛知県本部)
新瑞橋駅2番出口から徒歩5分。
瑞穂運動場西駅4番出口から徒歩4分。
TEL 052-887-4430

名古屋のスポーツイップス・書痙治療は下記へ
↓ ↓ ↓
詳細はこちらをクリック

名古屋 瑞穂 腰の駅 腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛 マッサージ 整体



|a|106 |t|1 |y|2