病院や整形外科では教えてくれない原因

3つのストレスが蓄積

ストレスと聞くと、嫌なイメージをお持ちになるかもしれませんが、私たちは常に外界と接し、何らかの刺激(ストレッサー)を受けながら生きています。

そして、ストレス(刺激)が強すぎたり、あるいは自分の治癒力が低下し、ストレス(刺激)に耐えれなくなると、防衛反応が働き、筋肉が緊張します。

あなたも嫌な思いをして眉間に力が入ったり、怖い体験をして一瞬に背中が凍りついたり、恐怖を感じ足がガクガク震えた経験があるのではないでしょうか?

ストレス痛み

 

またストレスの種類も多数あり、私たちはその中でも3つのストレスが大きく関わっていると感じます。

1.肉体的ストレス
長時間の同じ姿勢や労働、睡眠不足

2.精神的ストレス
ショックな出来事、イライラ、不安など

3.栄養的ストレス
暴飲暴食、食事の偏り、栄養素不足

 

体の不調はとてもつらいことです。
そして、あなたの体と心からの訴え(警告信号)であり、
「負担がかかっているよ」「休んでよ」
というメッセージなんです。

我慢しすぎていませんか?悩んでいませんか?
無理をしていませんか?働きすぎていませんか?

不調の原因



当院では、痛みの一般常識を疑うことによって、不調の捉え方を見直してみることをお勧めしています。

そして、ここからは院長永濵の7年以上に及ぶ慢性腰痛の経験、現在痛みの最先端医療で言われていることをまとめています。

実は、私も腰痛に悩んでいました...

私は治療家でありながら、20歳から7年以上に渡り辛い腰痛に苦しんでいました。

痛みから早く解放されたいと思い、あなたが通われたように一通りの施術を受けましたが、完全に改善はされませんでした。

名古屋 腰痛 治療 ながはま治療院

 

もう治らないと諦めていましたが、現在当院でも提供している『純金杖療法』『腰の駅整体法』の施術を受けたり、自分自身の生活習慣や意識改革をしたことで、驚く程に痛みが取れ、今では痛みがないのが当たり前になりました。

また、それを機に腰痛専門の『腰の駅みずほ』を併設する事ができ、充実した毎日を過ごしています。

もし、あなたが私と同じ様な状況でお困りでしたら、『純金杖療法』の施術が確実にお役に立てますのでご相談ください。

名古屋 腰痛 治療 ながはま治療院・腰の駅みずほ

 

腰痛は現代の国民病!?

日本人の腰痛人口は約2800万人、つまり5人1人が腰痛に苦しまれています。

何故これだけ医療が進歩しているのに、腰痛が増えるのでしょうか?

腰痛2


医療の技術が発達しているにも関わらず、腰痛や肩こりは年々増加傾向にあります。

腰痛 肩こり 減らない

TMSジャパン参照

 

近年、腰痛などの筋骨格系の痛みやしびれの原因が大きく変わりつつあることをご存知でしょうか?

EBM(科学的根拠に基づく治療)の誕生により、今まで常識だと考えられていたことが科学的に根拠がなかったことが次々と明らかになっています。

そして、2012年に「日本整形外科学会」と「日本腰痛学会」がこれまでの腰痛治療の常識を覆す『腰痛診療ガイドライン』を発表しました。

名古屋 腰痛 マッサージ ながはま治療院

 

それによると、

☑安静は必ずしも有効な治療法といえない

☑慢性腰痛にはストレスが関与している

☑画像検査などでも原因が特定できない腰痛が85%を占める

☑腰痛に対してレントゲン撮影を行う事は必ずしも必要でない

など、今まで常識と考えられていたことが科学的に根拠がなかったと明らかになりました。

 

名古屋 腰痛 治療 ながはま治療院
【NHKクローズアップ現代 腰痛2800万人時代~変わる常識~】

 

もしあなたが整形外科に行っているのなら、首や背中、腰などのレントゲン写真を撮ったのではないでしょうか?

そしてお医者さんは、そのレントゲン写真を見ながらあなたの痛みの原因を、「ヘルニアが腰の神経を圧迫していますね」「骨と骨の隙間が狭いですね」「背骨に変形が見られますね」など、あなたもこのような説明を受けたことだと思います。

名古屋 腰痛 マッサージ ながはま治療院

 

しかし「腰痛診療ガイドライン」によると、原因が特定できない腰痛がほとんどだと明記されており、レントゲンで痛みの原因を特定することが難しいということです。

名古屋 坐骨神経痛 マッサージ ながはま治療院

日経ヘルス&メディカル参照



NHKでも特集! 腰痛に対する国民的大誤解!

☑椎間板が無罪!?
☑犯人は「腰」じゃなくて「ストレス」!

名古屋 瑞穂区 腰痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 マッサージ・カイロ・整体


番組内で「腰に痛みがない人」を15名集めてMRI写真を撮ってみると、14名にヘルニアなどの構造的な異常がありました。

名古屋 瑞穂区 マッサージ・鍼灸・カイロ・整体

 

また欧米でも同様の研究がされており、腰痛のない方の76%にヘルニアがあると発表されています。

ヘルニア 腰痛 ながはま治療院 腰の駅みずほ

日経ヘルス&メディカル参照


つまりヘルニアがあっても痛くない人がほとんどなのです。

このような事からも、

ヘルニア=痛み

骨の変形・ズレ=痛み

ではありません。


ここで痛みのクイズです!

この画像を見ると、神経の圧迫のような状態ですが、腰痛があると思いますか?

ヘルニア 腰痛 ながはま治療院 腰の駅みずほ


答えは「✕」で腰痛はありません!

先程も言いましたが、ヘルニア=腰痛ではありません!

また下記の画像をご覧になって下さい。

ヘルニア 腰痛 ながはま治療院 腰の駅みずほ

 

この方は普通に日常生活を過ごしていただけで、なんとヘルニアがなくなってしまったのです!

実は自分の体の中にあるマクロファージ(大食細胞)がヘルニアを異物と見なし、食べてくれたのです!

また、痛みの原因の多くは、身体的故障のみではなく、心理社会的因子(=ストレス)から来ることは、現代医学でも知られるようになってきました。

腰痛ストレス

 

そしてストレスが蓄積すると、下記のステップで不調へと進んでいきます。

 

骨のズレ・歪みは痛みの原因ではない

先程も申し上げたように、骨のズレや歪みが痛みの直接的な原因になることはありません。

骨盤の歪みと腰痛は無関係

TMSジャパン参照

 

名古屋 瑞穂区 マッサージ・鍼灸・カイロ・整体

TMSジャパン参照

 

では、なぜ骨盤は歪んだりするのでしょうか?

実はあまり知られていないのですが、骨盤から出ている筋肉は多くありますが、骨盤自体を支える筋肉は存在しません!

だから、骨盤はすぐに歪んだり、ズレてしまうのです。

よって、骨盤だけを調整してもその場は良いかもしれませんが、再び重力がかかったり、歩き出したり、強い負荷がかかるとすぐに元に戻ってしまいます。

つまり、骨盤は周りの筋肉のバランスによって保たれているので、骨盤だけの調整だけでなく、全身の調整を行うことが大切だということです。


なぜ整形外科・整骨院・カイロに通ってもあなたは治らなかったのか?

①整形外科・病院

まずレントゲン検査、MRI検査などにて、構造的な異常(骨の変形・変成など)があるかないかを調べます。
もし構造的な異常があった場合は、○○症・○○症候群などと病名を診断され、それが痛みの原因とされます。

レントゲン1

 

治療としては、痛み止めを腰に打ったり、ロキソニン・カロナール・ボルタレンなどの飲み薬や湿布薬を処方され、様子を見て下さい、と言われることでしょう。
それでも回復しない場合は、低周波電気・腰椎けん引・ウォーターベッドなどの物理療法や、理学療法士さんによるマッサージ・ストレッチなどの運動療法を行います。

リハビリ風景

 

それでも一向に痛みが変わらず逆に酷くなる方は、腰骨を固定する手術や椎間板を切除する手術を進められます。

手術

 

【大切なポイント】整形外科の施術は保険診療のため、施術を行える部位が局所(腰)に限られてしまいます。そのため、原因が腰にある方は回復しますが、そうでない方は残念ながら回復しないのが現状です。
なお回復しない方は、痛みの止めの薬を強くしたり、リハビリの回数を増やしたりしますが、それでも回復しない方は手術を勧められたり、加齢や生活習慣のせいにされてしまいます。

 

②接骨院・整骨院

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなどの怪我に対しての処置を行います。
いわゆる、急性の症状の専門家です。

よく行われる施術は、局所(腰部)に対する低周波や干渉波の電気療法と、筋肉の調整です。

接骨院 治療

 

【大切なポイント】整形外科と同様に保険診療のため、施術を行える部位が局所(腰)に限られてしまいます。そのため、原因が腰にある方は回復しますが、そうでない方は残念ながら回復しないのが現状です。
また一般的にあまり知られていませんが、専門学校では急性症状の処置は学びますが、慢性症状の処置については学びません。
その事からも、慢性症状を回復させるには適していないかもしれません。

 

③カイロプラクティック・整体

背骨や骨盤のズレ(構造的な異常)を痛みの原因と考え、施術をします。
いわゆる、皆さんが想像するボキボキです。
中にはソフトに矯正する施術もあります。

整体矯正

 

【大切なポイント】基本的に痛みの発生源は筋肉であり、幾ら骨格を整えても、原因の筋肉の緊張が取れなければ、症状の一時的な緩和にしかなりません。
また骨から痛みが出る場合は、感染症・末期癌など、いわゆる病名がつく時で、おそらくあなたはこれに該当しないのではないでしょうか。

 

痛みの原因は...

本当の痛みの原因は骨や神経ではなく、筋肉です!

痛みの原因 筋肉

 

筋肉がこわばると、押して痛い部分やコリコリとした硬い部分ができます。

また押すとその場所だけではなく、他の部分も痛くなるところができます。

それだけ筋肉の状態は痛みに関連していて、体のあらゆるところと繋がっています。

瑞穂区 慢性腰痛 マッサージ ながはま治療院

 

そして、とても重要なことなのですが、
これら筋肉の状態はレントゲンには写りません。

レントゲン&筋肉

 

よって病院や整形外科へ通院されても回復しないことがあるのです。

お医者様は骨を診る専門家であって、筋肉を診る専門家ではないかもしれません。

筋肉の問題はマッサージ師の国家資格を持つ当院へお任せ下さい。

名古屋 腰痛 ヘルニア 腰の駅 ながはま治療院

 

ながはま治療院 腰の駅みずほでは、症状の原因になる筋肉の状態に着目し、施術をします。現在の医療機関ではどこを受診しても筋肉のことは無視され、いきなり骨や血液の検査になります。

しかし筋肉は全身で約600もあり、それによって骨や骨格、内臓の位置が固定され、更に姿勢を決定し、関節を運動させています。

そして身体から熱を産出し、網羅している血管やリンパ管を圧迫して流動させ、神経を含むそれらの走行を守りながら様々な働きをしています。

つまり、いかなる不調も筋肉の状態に現れるということです。

 

腰痛の原因の1つがまさかの「腹筋コリ」!

腰の駅では50年の腰痛研究により、腰痛の原因が「5つの筋肉」であることを突き詰めました!

ここで全ての筋肉をお伝えすることは出来ませんが、な・な・なんと、その1つが「腹筋」です!

もう一度言います!原因は!!

「腹筋」です!!

腰痛原因 腹筋

 

腰痛で『腹筋』?と思われる方もお見えになるかもしれませんが、当院に来院される多くの方が、腰ばかりの施術をお受けになられています。逆に言うと、今まで『腹筋』の施術をお受けにならなかったので回復しなかったのです。


また筋肉の特性を考えても、筋肉の役割は縮むことだけで、伸びる役割はないのです!

ではなぜ伸びることが出来るかと言うと、下記写真のように前側(腹筋側)が縮むことで、結果的に後側(腰筋側)が伸びているだけなのです。

腹筋の重要性

 

つまり腰痛の場合も、労働や姿勢から腹筋が緊張し凝ると、反対側(腰側)の筋肉を引っ張り、前かがみや猫背となり、やがて腰周囲が凝って痛みへと進むのです!