『脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)』とは?

こんばんは(^O^)

先日、脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)の症例を書かせていただいたところ、数件お問合せがありましたので、今日は脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)について書きたいと思います。

脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)とは?

★脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)

脊椎(背骨)が横方向に曲がる病気である。

画像の説明

◇本人もあまり気づかない脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)

側弯症(そくわんしょう)の変形は「ねじれ」、つまり脊椎(背骨)が曲がった方向に捻じれるのが特徴です(下の図)。
そのため一方の肋骨が後ろにとびだし、前屈すると高さの左右差を生じます。

画像の説明
写真:公共財団法人東京都予防医学学会参照

捻じれの程度は一人一人異なりますが、こうした捻じれは心肺機能の低下を引き起こす恐れがあります。
レントゲン(上図)でみると、背骨が曲がっていることがわかります。
では、こうした背骨の状態をどう自覚しているのでしょうか?

人によっては、
「ワンピースを着た時に左右の丈が違う」
「前胸部の肋骨が少しでっぱっている」
などといったことに気づく場合があります。
また中には、痛みを訴える場合もあるようです。
しかし、多くの方は学校の検診によって背骨の異常を初めて知るようです。

学校での脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)検診が開始されるまで、側弯症はある程度進行して、自分や周囲が気づき、受診をし、発見されるケースが大部分を占めています。
そのため、多くは中等度あるいは高度の側弯症で、手術による治療を必要とすることも多かったようです。

しかし、変形がひどくなると胸郭の動きが制限され、呼吸器機能や循環器の機能が著しく低下するため、治療自体も困難な場合が少なくありません。
早期発見と装具治療によって、現在、高度の側弯症で手術をするケースは大変少なくなっているそうです。


★腰背部痛や心肺機能低下などの原因に。精神的な影響もあり。

脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)は、出現・進行する発育期には本人も気付かないほど症状もなく、痛みも少ないものです。
しかし、たとえ軽度であっても、成人期以降になると、腰や背中の痛みが起こる頻度が高くなります。

人が一生のうちに腰痛を経験する率は80%と言われ、背骨が正常な人でも大部分が腰痛を経験するものです。
腰痛の起こる腰椎(=腰の骨)に加えて、その腰椎に側弯があれば、そこにかかるストレスも大きくなり、生活上も大きな障害になりかねません。

また、手術によって背骨の一部を固定すると、その上下の部分にどうしてもストレスがかかります。
手術などの治療によって側弯症の進行は抑えられても、その後、腰痛や背部痛に悩む人は少なくはないようです。


★脊柱側弯症(せきちゅうそうわんしょう)の大部分は原因不明

脊柱側弯症(せきちゅうそうわんしょう)は、原因によって下記のように分類されます。
近年は診断技術も進歩し、全体の約80%割占めていた原因不明の側弯症(特発性脊柱側弯症)は次第に減ってきていますが、それでも大部分を占めているのが現状です。

特発性脊柱側弯症は女子に多くみられるもので、変形が起こる時期によって、「乳幼児型(0~3歳)」「学童期型(4~9歳)」「思春期型(10歳以上)」に分けられています。

乳幼児型(0~3歳)は80%以上が自然に治るタイプですが、学童期型(4~9歳)は二次性徴の時期に進む率が非常に高く、約80%は悪くなります。
そして、側弯症全体の約85%を占める思春期型(10歳以上)は二次性徴(10歳頃から)が始まる時期に起こり、50%程度が悪くなるとされています。

●脊柱側弯症(せきちゅうそうわんしょう)の分類
◇原因となる病気が判明している側弯症(脊柱側弯症の約20%)
①骨原性-先天性側弯症
②神経原性側弯症
③筋原性側弯症
④神経線維腫による側弯症
⑤間葉系疾患による側弯症

◇原因不明の側弯症(脊柱側弯症の約80%)
①乳幼児期側弯症
②学童期側弯症
③思春期側弯症


続く・・・

★お子様をお持ちの方へ★

当院は、大事なお子様の成長に関わる「姿勢」「オスグット」「アレルギー」「不定愁訴」などに力を入れています。

特に思春期は、これから大人になるための『骨格決定時期』です。
「側弯症(そくわんしょう)」の背骨もこの時期が原因といわれています。

ゆがみがお子様の成長の妨げになってはなりません!!

特に症状がなくても調整を受けることで背が伸びたり、運動能力が向上し、スポーツの成績がUPする場合があります。

ボキボキしないカイロ・整体の資格に加え、医療系の国家資格も保持しておりますので、安心・安全な治療です。

お気軽にお問合せ下さい(^O^)


【名古屋 痛み治療の専門家】
名古屋市 南区 瑞穂区 緑区
カイロプラクティック・整体・鍼灸・マッサージ

肩こり・頭痛・膝痛・腰痛・椎間板ヘルニア坐骨神経痛・脊柱管狭窄症
脊柱側弯症・骨盤矯正・スポーツ障害・手足のしびれ・ストレス症状・自律神経失調

ボディマインド治療室

◇名古屋市南区鶴田1-2-3 シャトレ鶴田1F
 地下鉄鶴里駅から徒歩7分 新瑞橋駅から徒歩12分
 駐車場完備(共同)

◇公式HP http://nagahama-sebone.com
◇口コミサイト エキテン http://www.ekiten.jp/shop_6027997/
◇フェイスブック https://www.facebook.com/BodyMindZhiLiaoShi

【完全予約制】TEL 090-7037-1935
ウェブからも予約できます(^.^)

【診療時間】
月・金 13:00~22:00
火・木 15:00~16:00・20:00~22:00
水・土 13:00~19:00
※最終受付 19:00

WEBによるご予約・お問合せ

24時間予約受付中!

スマートフォンからも予約できます!

画像の説明

当日予約はお電話にてお願いします

下記のフォームをご記入下さい。

連絡のつく電話番号(携帯電話可)
該当箇所にチェックしてください